店舗アプリ作成はアプリメンバーズ | 店舗アプリで効果的な集客・販促

お問い合わせ電話番号

TEL03-6903-8308

受付時間:平日9:30~18:30

アプリメンバーズ
smartphone

お役立ちコラム●利用シーン

【厳選】店舗アプリ作成サービスで知っておきたい8選まとめ

テレビコマーシャルやWeb広告などでは、積極的に自社アプリを宣伝する企業が増えています。

自社アプリは、スーパーマーケットやアパレル店、飲食店、コンビニエンスストアなどあらゆる業界で活用されており、最近は個人経営のお店でもオリジナルのアプリを運用するようになってきています。

店舗アプリは販促や顧客データ管理、売上アップに欠かせないツールなので導入を検討している方も多いのではないでしょうか。 ここでは、オリジナルの店舗アプリを作成できるサービスについて、またおすすめの店舗アプリ作成サービスを紹介するので導入の際の参考にしてください。

店舗アプリ作成サービスとは

homeicon

店舗アプリ作成サービスというのは、スマートフォン向けの店舗アプリを作成してくれるサービスのことです。

店舗アプリは自社で作成することも可能です。しかし、開発するにはアプリ開発の知識を持った人材が必要ですし、ドメインの取得や開発に使う機材、サーバーの準備をしなければなりません。

必要なものが揃っていないと、膨大な費用がかかってしまいます。

店舗アプリ作成サービスは、搭載される機能をパッケージ化し、必要な機能を組み合わせて店舗アプリを作れるので開発費用を抑えることが可能です。 ただし、搭載できる機能はサービスごとに違うので、作成を依頼する前に管理者やユーザーが使える機能を事前にチェックしておきましょう。

関連ページ:店舗アプリを開発するには?アプリ開発の基礎知識を解説!

管理者が使える機能

管理者が使える便利な機能は、「ユーザー管理」「プッシュ通知」「データ分析」の3つになります。

アプリを導入する目的にもよりますが、これらの機能は売上アップやマーケティング対策に欠かせないので必ず搭載しましょう。

ユーザー管理ユーザーの年代や居住地などの基本情報
アプリや店舗の利用履歴などの情報
これらを一括で管理できる
プッシュ通知キャンペーンやセールの告知・最新情報の発信ができる
データ分析ユーザー情報や利用履歴の分析をして販促計画を作れる

ユーザーが使える機能

ユーザーが使える便利な機能は、「クーポン」「会員証」「ポイントカード」「予約・購入」などが挙げられます。

この中でも、特にユーザーへのサービスにつながるのが、会員証やポイントカードとして使えるということです。

紙の会員証やポイントカードはかさばるので、負担に感じる人が多いといわれています。

アプリの中に集約できればかさばりませんし、忘れたり失ったりすることもないためポイントをしっかり貯められます。

クーポン配信したクーポンを気軽に使える
会員証情報を入力することで紙の会員証が不要になる
ポイントカード携帯しなくてもポイントを貯められる
予約・購入アプリから簡単に予約や商品の購入ができる

関連ページ:Web集客にはどんな方法がある?来店につなげるコツは?

店舗アプリ作成サービス8選

アプリメンバーズ

アプリメンバーズは低価格で様々な機能が利用でき、お店のファン作りをすることができる店舗アプリです。
定期的にアプリのバージョンアップも実施しているほか、専任のサポート担当が付き導入から運用開始後もサポートをしてくれます。

契約期間も1ヶ月ごとの更新なのも嬉しいポイントです。

【特徴】

・オプション料金なしで高機能なシステムを利用できる

・店舗数が増えても追加料金なし

・シンプルな管理画面で高い操作性を実現

初期費用30,000円
月額料金19,800円~
マーケティング機能
プッシュ通知
ポイント機能
その他機能予約機能、アンケート機能など
無料デモあり

Yappli(ヤプリ)

画像出典元:「Yappli」公式ホームページ

店舗アプリの開発はもちろん、運用や分析まで提供してくれるYappli(ヤプリ)は、導入実績660社以上、継続率99%(※)を誇る人気のアプリ作成サービスです。

アプリ内だけでなくGoogleアナリティクスなどを用いたデータ分析ができるので、ユーザーのアクションに合せたマーケティング対策を行いたい企業におすすめです。

※2022年12月現在

【特徴】

・ノーコードなのでAndroidでもiOSでもスピード導入できる

・集客や活用方法は専門チームがサポート

・クラウドにより最新OSもすぐにアップデート対応可能

初期費用要問合せ
月額料金39,800円(Liteプラン)
マーケティング機能
プッシュ通知
ポイント機能
その他機能外部ツール連携・メディア機能など
無料デモあり

GMOおみせアプリ

画像出典元:「GMOおみせアプリ」公式ホームページ

ブックオフやYONEXなどの大手企業の店舗アプリ開発を手がけるGMOおみせアプリは、導入実績2,940社/9400店舗(※)という国内最大級の店舗アプリ作成サービスです。

パッケージアプリですがカスタマイズが可能となっています。

業態に合わせた機能を組み合わせることで、優良顧客の育成を低コストで店舗アプリを導入できます。

※2022年10月現在

【特徴】

・幅広い需要に柔軟に対応できるプラットフォームを完備

・保持しているデータとシームレス連携できる

・発注から最短40日でストア公開できる

初期費用要問合せ
月額料金22,000円~
マーケティング機能
プッシュ通知
ポイント機能○(オプション)
その他機能キャッシュレス機能、クーポン発行など
無料デモあり

みせプリ

画像出典元:「みせプリ」公式ホームページ

シンプルなデザイン構成で、おしゃれなプラットフォームにこだわっているのがみせプリです。

導入企業は飲食店や美容室、アパレルなどが多く、インスタグラムのような親近感のある店舗アプリを作成することができます。

基本的な機能に加え、ヘアカタログやアンケート、チャットなど珍しい機能も導入できることで他のサービスと差別化されているのもみせプリの魅力です。

【特徴】

・アプリ内のブラウザでSNSやWebとシェアできる

・ミニゲームやプライベートページなどユーザーが楽しめる機能が充実

・店舗専用アプリで顧客管理を効率化

初期費用スタンダード:30,000円 カスタムプラン:200,000円
月額料金要問合せ
マーケティング機能
プッシュ通知
ポイント機能○(オプション)
その他機能コミュニケーション機能、電子決済機能
無料デモなし

UPLINK(アプリンク)

画像出典元:「アプリンク」公式ホームページ

低コストなのに高品質な店舗アプリが作成できるUPLINKは、株式会社USENが提供する店舗アプリ作成サービスです。

業務改善や顧客分析などの店舗運営に必須の機能が充実しているので、効率よくマーケティング対策ができます。

【特徴】

・ニーズに合わせた3つのプランを用意

・再来店の促進に効果的な基本機能を搭載

・会計の最新機能を搭載

初期費用要問合せ
月額料金テイクアウト:6,000円 デジタルチケット:6,000円 スタンダード:19,800円
マーケティング機能
プッシュ通知
ポイント機能
その他機能リクエスト予約機能、チケット発行機能など
無料デモなし

Saqpli(サクプリ)

画像出典元:「Saqpli」公式ホームページ

Saqpli(サクプリ)は店舗用集客や販促をメインに、リピーターを増やす機能が充実している店舗アプリ作成サービスです。

AI内容のチャット機能(※)も搭載しているのでユーザーの満足度が高く、新規顧客を開拓したいという企業にもおすすめです。

※STANDARD EDITIONのみ

【特徴】

・フォトギャラリー機能で画像からもサービスをアピール

・問合せ用メールフォームが簡単に設置できる

・ワンタップコール機能で顧客の離脱を防ぐ

初期費用要問合せ
月額料金LIGHT EDITION:9,500円 STANDARD EDITION:12,800円
マーケティング機能
プッシュ通知
ポイント機能
その他機能予約管理機能、道順案内機能
無料デモあり

アプスタ

画像出典元:「アプスタ」公式ホームページ

もともとシステム会社だった実績を活かし、優れた技術力でイメージ通りのオリジナルアプリを作成してくれるのがアプスタです。

プラットフォームだけでなく、機能の要望にも応えてくれるので幅広い業態に対応してくれるのが魅力です。

【特徴】

・既存システムとの連携が可能

・顧客分析と情報配信が同時に対応できる

・オリジナルデザインや機能など柔軟なカスタマイズが可能

初期費用要問合せ
月額料金バリュープラン:15,400円~ メンバーズプラン:30,800円~
マーケティング機能
プッシュ通知
ポイント機能
その他機能会員限定配信機能、コメント機能など
無料デモなし

アップグース

画像出典元:「AppGoose」公式ホームページ

3ステップというミニマムなステップで店舗アプリを公開できるのがアップグースです。

複数の店舗情報を管理できるメディアアプリと汎用型アプリGOOSEEという2タイプのアプリから選べるので無駄な費用が発生しません。

「誰でも使えるツール」を提供することで、初めてアプリを導入する方やスタッフでも簡単に店舗アプリを運用できます。

【特徴】

・誰でも簡単にアプリコンテンツが作れる

・開発もサポートも自社で一貫

・口コミ集客ができる機能を活用できる(オプション)

初期費用AppGoose Free:0円 AppGoose Light:要問合せ
月額料金AppGoose Free:0円 AppGoose Light:要問合せ
マーケティング機能
プッシュ通知
ポイント機能×
その他機能ログデータcsv書き出し機能、フリーコンテンツ追加機能など
無料デモAppGoose Freeのみ

関連ページ:店舗アプリとは?お店アプリの集客完全ガイド

店舗アプリ作成サービスを選ぶポイント

店舗アプリ作成サービスを選ぶ場合、料金やサービス内容を比較するのが一般的です。
しかし、まだ店舗アプリを使ったことがない場合は、選ぶポイントが分かっていないと、導入後に思うような効果が得られないかもしれません。
ここでは、選ぶポイントを解説するので、事前にチェックをしておきましょう。

ユーザーが使いやすいか

店舗アプリでもっとも重要なのは、ユーザーが使いやすいかということです。
情報分析やクーポン配布で売上を伸ばそうと思っていても、使いづらいアプリはユーザー離れを引き起こします。

プッシュ通知がきても分かりづらい、クーポンを使うまでの手間が面倒などユーザーにとって使いづらいアプリでは意味がないので、ユーザー目線で使いやすさを確認しましょう。

テンプレートがカスタマイズできるか

店舗アプリはサービスによってテンプレートの操作性が異なります。
完全にイメージと一致しているデザインがあればいいのですが、「手を加えたい」「自社でデザインしたい」という場合はカスタマイズが必要です。

サービスごとにテンプレートの充実度は異なるので、ブランディングを重視する場合はカスタマイズできるものを選びましょう。

分析機能や集客機能が搭載されているか

店舗アプリでマーケティング対策をしたり、売上アップに活かしたりするためには分析機能や集客機能が必須です。
アプリのアクティブ数や購入履歴、来店率などを分析できる機能があれば、それに合わせてマーケティング対策ができます。

また、SNSとの連動やクリックするだけでポイントが貯まるなど、アプリへのアクティブを誘導する機能が搭載されていると集客につなげることも可能なので、これらの機能が搭載されているサービスを選ぶことをおすすめします。

店舗アプリ作成サービスを導入するメリット

店舗アプリを作成するにはコストがかかるので、導入をためらってしまうかもしれません。
しかし、導入することで得られるメリットもあります。
ではどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

ダイレクトな情報発信が可能

店舗アプリには、スマートフォンに直接配信できるプッシュ通知機能があるので、ダイレクトな情報発信が可能です。
情報発信という機能ではメールマガジンが有名ですが、ある調査ではメールマガジンよりもプッシュ通知の開封率は4倍にもなるという結果がでています。
これだけ高い開封率であれば、新作入荷や新サービスのお知らせなども見てもらえる可能性が高いので、集客率のアップにも効果的です。

リピーターを増やせる

リピーターが増えるということは、単に来店・購入率を上げるだけでなく、客単価のアップにつながります。
店舗アプリには、リピーターを増やすのに効果的な機能があります。
・回数券機能
・会員のレベルがアップする機能
・来店、購入回数によってクーポンがもらえる機能
このようなカスタマー育成に役立つ店舗アプリを使えば、リピーターが増える可能性もアップし、結果的に売上がアップするというメリットも得られます。

集客業務を効率化できる

店舗アプリを導入すると、集客業務を効率化できるというメリットがあります。
店舗の場合、レジや接客などの業務に加え、集客業務も行っているというところが多いのではないでしょうか。
集客業務は、顧客のデータ管理やクーポン管理、DMの作成など細かい作業がたくさんあるので、兼務ではおろそかになってしまいがちです。

店舗アプリではデータ管理や分析、DMの電子化などができるので、スタッフの負担を軽減することにもつながります。

店舗アプリ作成サービスを導入するデメリット

店舗アプリ作成サービスにはメリットがありますが、デメリットもあります。
ただし、デメリットは把握しておけば回避できるものなので、導入前にしっかりチェックしておきましょう。

インストールしてもらわないと成果がでない

当たり前ですが、店舗アプリを作ってもユーザーにインストールをしてもらわなければ成果は出ません。

顧客分析もクーポン配布による集客も、ユーザーがインストールしてこそ売上につながるものです。
ですので、単にアプリを作るだけでなく、インストールしてもらえるように特典をつけたり、QRコードを作ったりするなどアプローチの方法もしっかり考えておきましょう。

配信頻度によっては顧客離れが起こる

プッシュ通知は開封率が高いという特徴がありますが、配信頻度によっては顧客離れを起こすことがあるので注意してください。
いくらお気に入りのお店やブランドでも、頻繁にプッシュ通知が鳴ると顧客にストレスを与えてしまいます。

アプリを導入するとたくさん配信したくなるかもしれませんが、本当に発信したい情報やお得なクーポンを配布できるときなど適切な頻度を保ちましょう。

関連ページ:お店アプリで集客につなげる方法は?業種ごとに解説

まとめ

店舗アプリを導入しただけで、いきなり売上がアップするということはありません。
しかし、ダイレクトにユーザーにアプローチできたり、ユーザーのニーズを分析できたりするというのは集客の効率化につながります。
機能を上手に活用すれば、ダイレクトメールやメールマガジンなどよりも集客効果が見込めるのも事実です。

店舗アプリ作成サービスによっては、無料トライアルを設けているサービスもあるので、導入を検討している方はぜひ活用してみることをおすすめします。

カテゴリー:お役立ちコラム
次の記事: «ASOとは?アプリを上位表示させる重要性やSEO対策との違いを紹介
前の記事: アパレルショップがアプリを活用するには?導入のメリットや方法を解説»
店舗アプリならお店アプリ作成のアプリメンバーズのTOPへ戻る
aiu
PAGE TOP