店舗アプリ作成はアプリメンバーズ | 店舗アプリで効果的な集客・販促

お問い合わせ電話番号

TEL03-6903-8308

受付時間:平日9:30~18:30

アプリメンバーズ

お役立ちコラム●利用シーン

集客に強い飲食店を目指そう。費用対効果の高い方法は?

多くの飲食店では集客に課題を抱えています。集客方法は複数ありますが、『できるだけコストを抑えて大きな効果を得たい』というのが経営者の本音でしょう。お客様を引き付ける飲食店の特徴や、費用対効果が高い集客力アップにつながる方法を解説します。

お客様を引き付ける飲食店とは

お客様を引き付ける飲食店とは

同じ立地にある店舗でも、お客様が多い店と少ない店に明暗が分かれることがあります。どんなに美味しい料理を提供しても『集客』がうまくいかなければ、売上アップは期待できません。客足が途絶えない飲食店では、どのような集客の工夫をしているのでしょうか?

明確なコンセプトに沿って集客している

リピートしたいと思わせる飲食店は料理の美味しさや接客のよさはもちろんのこと、お店の雰囲気がよいという共通点があります。

店の雰囲気を作るのは、インテリアや内装だけではありません。『客層』はその店のイメージを大きく左右するため、集客をする際は『店のコンセプトに合ったターゲット』に狙いを定めることが肝要です。

例えば、カップルでの利用を想定したレストランに団体客が多く集まれば、ロマンチックな雰囲気がなくなってしまいます。

幅広い客層に宣伝をすると一時的に売上はアップしますが、店舗経営で重要なのは『顧客を継続的に獲得すること』です。そのためには、コンセプトに合った客層にアプローチをし、お店のファンを増やしていく必要があります。

お店に入らなくてもメニューや価格が分かる

入りやすい飲食店の特徴として、入店しなくてもメニューや価格が分かることが挙げられます。お店の前に看板やメニューがあれば、お客様は店に入るか入らないかの判断が瞬時にできます。

看板やメニューが出ていないお店の場合、入店の決め手となる情報が少なすぎて、「価格が高いかもしれない」「自分が食べたいメニューはあるのか?」と入店をためらってしまう人が多いようです。

店の前に写真付きメニューや食品サンプル、ブラックボードなどを設置するだけで、入店のハードルは大きく下がるでしょう。

お店の存在を多くの人に知らせるには

お店の存在を多くの人に知らせるには

開店して日が浅い店舗は、『いかにしてお店の認知度を上げるか』がポイントとなります。オンラインとオフラインの集客方法をうまく組み合わせ、より多くのお客様にお店の存在を知らせましょう。

直接アピールできるチラシ

飲食店にとって、『チラシの配布』は王道といえる宣伝方法です。『ポスティング』と『新聞の折込チラシ』があり、どちらもエリアを限定して集客ができるのがメリットです。

とりわけ、新聞の折込チラシは信用性が高く、店舗周辺エリアのファミリー層や高齢者層にも効率よくアピールができます。

ポスティング広告はサイズやデザインの自由度が高く、ターゲットのニーズに合わせて設計できるのが強みです。無料テンプレートを使えば、デザイン費は0円で済むでしょう。

チラシによる宣伝は、チラシの『印刷費』とそれを配布する人の『人件費』がかかります。短期間で効率よく配布をするには、ポスティング業者を活用するのが賢明です。

SNS運用

チラシによる宣伝は、配布できる数に限界があります。InstagramやTwitter、LINEなどのSNSを活用して、広く情報を発信することも欠かせません。

SNSによる宣伝には、『コストが低い』『拡散力が高い』『すぐに始められる』などのメリットがあります。SNSごとにユーザーの属性が異なるため、お店の客層やターゲットと合致した手段を選びましょう。

写真や動画がメインの『Instagram』は、飲食店と相性のよいSNSの一つです。特に、店内の雰囲気や料理などを撮影した『動画コンテンツ』は記憶に残りやすく、より効果的な訴求ができると考えられます。

シェアされて多くの人の目に触れることを考慮し、人を不快にさせる投稿や誹謗中傷は控えましょう。

オンライン広告を打ち出す

『オンライン広告』とは、Web上に表示される広告全般を指します。ニュースサイトや検索エンジン、SNSなどに表示された広告をついクリックしてしまった経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

オンライン広告は、ユーザーのネット上の行動を基にした『ターゲット選定』が可能です。費用はかかりますが、見込み客にピンポイントで広告が表示できるため、一定の効果は期待できるでしょう。ターゲット選定の精度が高いほど効果は顕著に表れます。

『Facebook広告』は、飲食店が利用しやすいオンライン広告の一つです。年齢や趣味、居住地などでターゲットを絞り込んだり、優良顧客と共通の興味・関心を持つ利用者をリーチする『類似オーディエンス』などの機能があったりします。

Webサイトは必要?

自社HPを作成するかどうかで迷うオーナーもいますが、『集客』だけを目的にするなら、自社HPは必ずしも必要ではありません。

近年は、飲食店の情報を集めた『ポータルサイト』や、お得なクーポンを配信する『クーポンサイト』が充実しています。大手サイトは利用者数が多く、掲載するだけでも一定の集客が見込めるでしょう。

お店のHPが検索上位に表示されれば集客効果が期待できますが、上位表示させるまでの道のりは長く厳しいものです。

ただし、『店のこだわりや雰囲気をしっかりと伝えたい』というときは、HPが役に立ちます。ポータルサイトやグルメサイトは掲載できる情報が限定的で、魅力が十分に伝わらない可能性があるためです。目的を明確にした上で、活用の可否を検討しましょう。

Googleのサービスでより多くの人の目に

Googleのサービスでより多くの人の目に

集客では『費用対効果』が重視されます。多くの飲食店オーナーは、できるだけコストを抑えて、高い集客効果を得たいと思っているのではないでしょうか?

Googleの活用はオンライン集客の基本です。『Google ビジネス プロフィール』で集客力アップを狙うコツを紹介します。

Google ビジネス プロフィールへ登録

Google ビジネス プロフィールは、Googleが提供する無料のビジネス情報管理ツールです。オーナーがビジネスプロフィールを新規登録すると、GoogleマップやGoogle検索の画面に『店舗の基本情報』が表示される仕組みです。

多くのユーザーは『エリア×業態』『駅名×業態』で検索をします。『Googleマップ』は数ある地図アプリの中でも利用者数がダントツに多いため、Googleマップからのアクセス流入は集客に大きく貢献するはずです。プロフィールに『予約ボタン』を設ければ、さらなる集客率アップにつながるでしょう。

写真のアップロードや投稿への返信が可能なため、顧客との関係性を構築するためのコミュニケーションツールとしても活用できます。

MEO対策を行う

Google ビジネス プロフィールに登録した後は、『MEO対策』を忘れずに行いましょう。MEO(Map Engine Optimization)とは、『マップ検索エンジン最適化』を意味します。簡単に言えば、Googleマップの検索エンジンで自分のお店を上位表示させ、集客率アップを狙うことです。

MEO対策で上位3位以内になると、店舗情報がファーストビューに表示されます。4位以下を表示するにはクリックが必要なため、ユーザーの注目は自然と上位3位の店舗に集まるのです。自分でできるMEO対策の一例を紹介しましょう。

• プロフィールの内容を充実させる
• 口コミ数を増やし、レビュー評価を上げる
• 自社のHP・SNS・ブログとひも付けて、積極的に情報発信をする

思うような効果が見られないときは、MEO対策のプロに依頼をする手もあります。

口コミの集め方には注意

ユーザーの口コミが増えてレビュー評価が高くなると、Googleマップの検索画面で上位表示されやすくなります。

ただし、Googleではスタッフに頼んで虚偽の口コミを投稿したり、割引や無料サービスと引き換えに投稿を促したりする行為を認めていません。虚偽のクチコミが判明した場合は、運営側に削除される可能性が高いでしょう。

よい口コミが多いお店は、お客様の口コミに小まめに返信しています。投稿内容は一つ一つチェックし、悪い評価にも誠実に対応することが大切です。

口コミ投稿がしやすいように、口コミのページをQRコード化する方法も有効です。QRコードを記載したPOPをレジ前や各座席に設置しておきましょう。

お店を知ってくれたお客様の来店を促進する

お店を知ってくれたお客様の来店を促進する

お客様をただ待つのではなく、情報発信で積極的にアプローチをする必要があります。店舗の認知度を高めた後は、お客様の来店を促す施策を考えましょう。『興味はあるけれど、迷っている』という人に対しては、割引クーポンの発行が有効です。

定期的に情報量を増やす

MEO対策で店の認知度がアップしても、お客様が必ず来店してくれるとは限りません。その理由の一つに『発信する情報量の少なさ』が挙げられるでしょう。

外食業界は競争が激しく、情報発信を積極的に行わない店舗は淘汰される恐れがあります。店舗の基本的な情報だけでなく、メニューや価格、店内の様子をより多く掲載することで、お客様はどんなお店なのかがイメージしやすくなります。店の雰囲気やコンセプトに心引かれて、来店を決める人も増えるでしょう。

情報は定期的に更新することを心掛けましょう。SNSの更新頻度が1カ月、2カ月…と滞ると、『営業していないのでは?』と勘違いされ機会損失につながります。

クーポンの発行

割引クーポンには、来店を迷っているお客様の背中を押す役目があります。店舗情報を小まめにチェックしている『見込み客』に関しては、有効期限が短いクーポンを発行するのもよいでしょう。

クーポンには『紙のクーポン』と『Webクーポン』の2種類があります。Web上で配信ができるWebクーポンは印刷や配布の手間がかからず、コストも最小限に抑えられるのがメリットです。有効期間や利用回数が自由にカスタマイズできるのも魅力といえます。

Webクーポンを作成する際は『店舗アプリ』の導入を検討しましょう。飲食店や小売店などが集客・販売促進のために導入するスマホアプリのことで、ポイントカード機能やクーポン配信機能などが標準搭載されているのが一般的です。

『アプリメンバーズ』では、店舗アプリの制作・申請・システムの設定の全てを行います。料金は基本的に『初期費用』と『月額費用』のみで、アプリ開発費用はかかりません。

店舗アプリ作成はアプリメンバーズ|店舗アプリで効果的な集客・販促

リピーターの獲得に適した方法

リピーターの獲得に適した方法

店舗の集客を増やすポイントは、既存顧客を『リピーター』にすることです。『顧客離れを5%改善すると利益率は25%改善する』という法則もあるように、既存顧客の維持は店舗経営の基本です。

ポイントカードを導入したり、積極的にお客様とのコミュニケーションを取ったりすることで、リピーターとなるファンを増やせます。一見、手間がかかりそうな施策ではありますが、『店舗アプリ』を作ることで比較的簡単に導入できるでしょう。

ポイントカードの導入

クーポン券の発行や値引きはリピーター獲得に欠かせない施策ですが、できるだけ客単価を下げずに集客をするのが望ましいといえます。

顧客の利用金額や回数に応じてポイントを付与する『ポイントカード』を導入すれば、客単価を下げずにリピーターが増やせるでしょう。ユニークな特典やプレゼントを企画し、他店との差別化を図りましょう。

アプリメンバーズの店舗アプリには、『ポイントカード機能』が搭載されています。アプリをダウンロードしたスマホがポイントカード代わりになるため、お客様に紙やプラスチックのポイントカードを発行する必要はありません。

店舗アプリの機能・使い方まとめ|アプリメンバーズ

お客様へメッセージを届ける

お店のファンを増やすもう一つのポイントは、メッセージ送信です。心のこもったメッセージやお礼の言葉が届くたびに、お客様は「来店してよかった」「また行きたい」と感じます。誕生日に特典クーポンをプレゼントするのもよいでしょう。

お店に愛着を覚えると、リピーターとして何度も来店してくれる可能性が高まります。特典付きのチラシやハガキを定期的に送る方法もありますが、人数が多くなりやすい飲食店の場合はSNSを活用するのがベターです。

アプリメンバーズの店舗アプリには『トーク機能』があり、トークルームに招待した複数の相手とやりとりができます。お客様とつながる機会を意識的に持つことが、ファンを増やす秘訣なのです。

目的に合った集客方法であることが重要

目的に合った集客方法であることが重要

飲食店にとって、『集客』の悩みは尽きません。集客率を上げるための施策は『新規顧客の獲得』と『既存顧客の維持』に大きく区別され、それぞれに適した集客方法があります。目的を定め、ターゲットをしっかり絞った上で、適切な方法・ツールを見極めましょう。

コストを抑えながら、お店のファンを増やす方法の一つに『店舗アプリの活用』があります。アプリメンバーズの店舗アプリには、集客・販促に必要な機能が全て標準搭載されており、顧客管理や予約管理もシステム上でラクに行えます。詳しい内容が知りたい方は、以下より資料請求が可能です。

次の記事: «店舗アプリとは?お店アプリの集客完全ガイド~機能やメリットと導入事例を解説
前の記事: 【導入事例】アマービレ音楽教室»
店舗アプリならお店アプリ作成のアプリメンバーズのTOPへ戻る
aiu
PAGE TOP